信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

信用金庫の歴史

銀行との違い

信用金庫法

全信協

近年の動向

信用金庫を知る為のマニュアル

全信協

通信教育・発行物

全信協は信用金庫の業務を多くの人に理解してもらうための活動の一環として様々な資料や雑誌などの発行も行っています。さらに信用金庫職員に対しての通信養育を行っているなど専門的知識を必要とする業種ならではの徹底した社員教育を行っています。

その通信教育も計画的な学習による自己啓発や学習の成果を仕事の中で生かせるようにといった目的の元信用金庫の職員として働くに当たって非常に役に立つ授業内容を通信教育によって各従業員に提供しているのです。

具体的には教育内容もその目的や通信教育を受けてきた年数ごとに13のカリキュラムが設立され、各従業員の経験や能力に応じてもっとも必要な内容を学ぶことができるという非常に合理的な教育システムとなっています。

社員への教育だけではなく全信協が各顧客向けに提供している雑誌などの刊行物も非常に教務部買い物が数多く用意されています。特に有名なものとしては「楽しい我が家」があります。

楽しい我が家は各界の専門家により随筆やコラム、地域情報や生活メモから料理に至るまで様々な生活の知恵や詩や民話、漫画などの文学や娯楽作品まで非常に幅広い情報を取り扱った情報誌です。

他に信用金庫業界の機関紙として、「monthly信用金庫」が発行されています。これは昭和26年から続く非常に歴史のある信用金庫の機関紙で、金融経済の動向から信用金庫の諸問題の解説、全国の信用金庫の経営理念や業務から地域活動までを月刊で発行しています。

信用金庫という期間の質を向上させるとともに、多くの人からの理解を得るために全信協が以下に尽力を尽くしているかということが見て伺えます。

Copyright (C) 信用金庫を知る為のマニュアル All Rights Reserved