信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

信用金庫の歴史

銀行との違い

信用金庫法

全信協

近年の動向

信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の歴史

名称の由来

信用金庫という名称には設立に携わった人の地方の市民や中小企業のためにという思いが込められています。

最初に考えられたのは当時のほかにあった民間の金融機関のうちの多くが銀行を名乗ったことから「信用銀行」や「庶民銀行」といった銀行の名称を用いたものが考えられました。

しかし創始者たちの儲け主義の銀行とは同じになりたくないという強い思いから銀行の名称を使う案は却下され、当時の舟山正吉銀行局長より金は銀よりも上ということで当時は「庶民金庫」「恩給金庫」「復興金融金庫」など政府機関のみしか使われなかった「金庫」の名称の使用が許可され最終的に「信用金庫」の名称となりました。

ちなみに「銀行」という名称に由来は1872年(明治5年)にアメリカの国法銀行法に倣った国立銀行条例を設立した際にそれまで日本の金融機関で使われていた「両替屋」に変わる名称として英語の「bank」の日本語訳として「金行」「銀舗」などの様々な名称の中から最終的に「銀行」が選ばれました。

それに対し「金庫」名称はドイツ語の「kasse」が由来とされ英語では「cash」となります。これらは現金を取り扱う箱という意味で、kasseの名称は現在でも特殊な金融機関の名称に用いられることがあります。

このように違う名称を用いたことから以下に当時の信用金庫設立に当たった人たちが設け主義でなく地方の人々のために准力を尽くしたかが伺えます。

Copyright (C) 信用金庫を知る為のマニュアル All Rights Reserved