信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

信用金庫の歴史

銀行との違い

信用金庫法

全信協

近年の動向

信用金庫を知る為のマニュアル

近年の動向

信用金庫の再編

金融ビックバン以降各金融機関のあり方が以前と大きく変わり様々な改変がなされる場面が多くなっています。信用金庫もその例外ではなく、多くの合併や吸収の話題を各地で耳にします。

信用金庫が合併することで1つの信用金庫が保有する資金ももちろん増えるわけですが、規模拡大は基礎的な収益といわれる業務粗利益をはじめとして高い経済性を上げられることが多いといわれています。

特に業務粗利益については小規模な信用金庫や小規模な地方にある信用金庫で特に合併効果が高いといわれるほか全体としてみても合併による経済性は高く多くの信用金庫で合併による規模のメリットは享受できているといわれています。

それと同時に合併による人員削減など人件費をはじめとして経費の削減にもつながるといった面もあるようです。ただし合併によるメリットというのはすぐに現れるものではなく何年かの長い時間をかけてようやく効果が現れてくるものであり合併してすぐに判断できるものではないとされています。

しかし信用金庫の合併に関しては経済性の向上に重点を置いて結果であり本来の地域住民と中小企業の経済的支援を目的とした非営利団体という側面からかけ離れたものになってしまっているという否定的な意見も一部で出されています。

合併により活動範囲が広がることで住民一人一人にまで注意が行き届かなくなり、拡大するあまり風土のまったく違う地域まで管轄としてしまう信用金庫は住民のためといえるかというのが合併により大きくなった信用金庫の今後の課題であるといえます。

Copyright (C) 信用金庫を知る為のマニュアル All Rights Reserved