信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

信用金庫の歴史

銀行との違い

信用金庫法

全信協

近年の動向

信用金庫を知る為のマニュアル

近年の動向

金融ビックバンと投資信託

近年の信用金庫は多くの改変を余儀なくされています。その一つとして1990年代後半から2000年代初頭にかけて行われた大規模な金融政策の改変、いわゆる金融ビックバンによるところが大きいです。金融ビックバンによって全国の信用金庫も従来のあり方とは違った様々な改変を行っていくこととなりました。

その中に投資信託の商品多様化というものがありブラジルやロシア、インド、中国など近年発展の著しい国の債権や株など投資の幅が格段に上昇しました、それと同時に従来の法律では証券会社でしか取り扱っていなかった投資信託の証券を信用金庫とはじめ各地銀行や保険会社、郵便局による金融機関いわゆるゆうちょ銀行などによって行われるようになりました。

このように投資信託の商品としての人気や販売できる機関の拡大と多様化により同じ投資信託を扱う業務でもそれぞれに長所と短所が見られるようになります。

信用金庫や銀行といった銀行系金融機関はもともとお金の保全や資産運用を扱ってきた企業ということもあり、多くの知識やノウハウが確立されていることが銀行系金融機関で投資信託を購入する点でメリットとなります。

さらにこういった知識を生かし投資信託による相談を受け付けている店舗も多く従業員に相談できるシステムが出来上がっている点も銀行系金融機関の強みだといわれています。

しかしながらそういった金融機関では豊富なサービスを取り揃えている反面それらが有料である場合もあり他の期間以上の出費がある場合があります。そういった面でも信用金庫などで投資信託を購入するのは、投資信託について詳しくない初心者向けの方法だと考えられます。

Copyright (C) 信用金庫を知る為のマニュアル All Rights Reserved