信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

信用金庫の歴史

銀行との違い

信用金庫法

全信協

近年の動向

信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

保険業務

信用金庫は預金や融資などの金融機関としての業務以外にも保険会社の代理店を勤めている場合があります。

この業種は比較的新しいものであり2008年に信用金庫の業務として新たに加わったもので、各地方によって差異はあるもののがん保険や医療保険といった一般的な大手保険会社と提携し信用金庫がその代理店を勤めています。

一般的に金融機関というと銀行や信用金庫、保険会社、証券会社のことを指し信用金庫が保険を販売することは自然なことのように思えますが実はそうではありません。

信用金庫や銀行などの金融機関が保険を販売するということは融資との抱き合わせによる押し売りといった違法行為も行われる危険性があったため政策側としても慎重な対応を余儀なくされ2007年にようやく法律によって解禁されたものです。

それゆえに大規模な企業展開をしている金融機関、いわゆるメガバンクは取引先に零細企業や中小企業の関係者への保険の販売は原則押して禁止されているというような制約がありますが、例外として信用金庫はこれら銀行から保険を購入することが可能となっています。

それに対し信用金庫は保険の販売の対象を自らの取引先である零細企業や中小企業の関係者やその家族としているところがあり、そういった面でも銀行と信用金庫の経営理念の差異が伺えます。 保険会社側としても地域住民と多く契約しその地域での事業を成功させようと地域住民のためにと運営されている信用金庫との提携には積極的なようです。

Copyright (C) 信用金庫を知る為のマニュアル All Rights Reserved