信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

信用金庫の歴史

銀行との違い

信用金庫法

全信協

近年の動向

信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

融資業務

預金業務と並んで信用金庫の主な業務となっているのが融資業務です、融資業務には大きくわけて企業向けのものと個人向けのものとがありそれぞれにまた細かい分類がなされています。

企業向けの融資業務でもっとも多用されているものは企業のニーズに応じて長期・短期の資金融資を提供する一般融資、信用金庫と地方公共団体、信用保証協会の三社が協力して行う融資である制度融資、制度融資は地方自治体によって運営され各都道府県の出資により行われているため各自治体により多少の差異はあるものの基本的に低金利で融資を受けられ、中小企業を優先的に融資していることが特徴として挙げられます。

そして信用金庫が公庫や事業団体の代理人として機能し政府資金の長期融資を行う代理貸付があります。代理貸付は限られた店舗でしか行われず、信用金庫側は管理回収について善良な対応を義務付けられ元金利の回収に一定割合の保障責任を負い徹底した管理責任がある反面自己の業務の幅が広がるため信用金庫側にとっても資金的に有利となるため利用価値があるといえます。

個人向けの融資は一般的にローンと呼ばれ住宅、自動車、教育といったように用途に応じて様々なものが用意されています。

これら3つに当てはまらない場合でもフリーローンという融資が受けられますがこれを利用する際は見積書や契約書に融資金の明確な利用目的を提示することが必要であり、さらに住宅ローンなどに比べて金利が高くなってしまうという特徴があります。

フリーローンよりも気軽に組めるローンとしてカードローンがありますがこれはATMを利用して申し込み時に定められた限度額の範囲内で自由に融資を受けることが出来ます。

Copyright (C) 信用金庫を知る為のマニュアル All Rights Reserved