信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

信用金庫の歴史

銀行との違い

信用金庫法

全信協

近年の動向

信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

預金業務

信用金庫の業務として最も有名なものはやはり預金業務でしょう。預金業務と一言で言ってもその内容に応じていくつかの預金方法があります。

まず最も一般的な普通預金ですが、キャッシュカードやATMを用いて簡単に引き落としや振込みなどができ、公共料金の支払いや給与や年金の自動振込みなど頻繁に用いられるものに適した預金方法です。

これに対し手形や小切手の決済のために用いられるものとして当座預金があります、こちらは法令により利息がつかないものとされています。さらに定期預金はまとまった資金を期間を定めて有利に運用できる預金でその期間は払い戻しをしないことを条件に普通預金よりも多くの金利を得ることができ預けた金額に応じてスーパー定期預金や大口定期預金などのような特殊な定期預金も存在します。

特に日常で耳にする機会の多いのはこの三つの預金方法だと思われますがそのほかにも、主に個人向けに運営される預金方法で、残高に応じて金利がつく貯蓄預金や、預金の七日間は引き出しが出来ず、引き出す際にも二日以上前に通知が必要でまとまった余裕資金を運用するのに適した通知預金、定期預金と普通預金を合わせた機能を持つ総合口座、定期的に決まった金額を積み立てる積立預金、外国の通貨で預入し為替の変動によって満期日に日本円で受け取る額に変動のある外貨預金がありますが外貨預金は預金保険制度の対称にならないために注意が必要です。

ここに上げたように信用金庫の業務は預金一つにしても実に多くの種類があります。

Copyright (C) 信用金庫を知る為のマニュアル All Rights Reserved