信用金庫を知る為のマニュアル

信用金庫の業務

信用金庫の歴史

銀行との違い

信用金庫法

全信協

近年の動向

信用金庫を知る為のマニュアル

銀行との違い

会員の出資による協同組織

銀行と信用金庫は多くの場合預金や融資などに用いられ、非常によく似た金融機関で普段生活しているうえではその差異を気に留めることは少ないと思います。しかし信用金庫と銀行はその経営理念がまったく違っているのです。

まず銀行は株式会社で主に大企業を相手とした預金や融資を主な活動としていてその巨額な資産を生かし様々な分野の子会社をもっていることも多く横のつながりの大きな営利目的の組織であるといえます。

それに対し信用金庫は会員の出資により地域の組合の一つという扱いで主にその地域に住まう個人やその地域を主な活動地域にしている中小企業を相手とした営業を主に展開しています。

信用金庫の歴史のページでも触れましたが、もともと日本にあった銀行は大企業を相手に営業されるものでそこに地方の個人や中小企業が融資を受けられなかったことから地方協同体としての信用組合が作られそれが現在の信用金庫の母体とされています。

他埋まり最初から銀行と信用金庫はやっている業務こそ似通っていますが、実はターゲットとしている顧客は全く別のものなのです。また、信用金庫は非営利団体として機能していて自分たちの利益を追求する銀行との大きな差となっています。

信用金庫の売り上げた資金は地域発展のために役立てられ、地域の中小企業や個人の融資にも尽力を尽くす団体となっています。そのため銀行によくある貸し渋りなども少なく返済の猶予も長く取ってもらえることもあるという、地域活動の活性化を目的とした金融機関であるということがいえます。

Copyright (C) 信用金庫を知る為のマニュアル All Rights Reserved